2017年下半期台湾インフルエンサー効果分析報告

2018.01.22

今回のコラムで、2017年下半期に台湾において最も効果があると言われるインフルエンサーをまとめて紹介していきたいと思います。

 

台湾のネット動向や流行を測って独自の調査報告を行うウェブサイト「DailyView 網路溫度計」は、同社の計測ツールを利用し、「SNS影響力」「リーチ力」「広告評価」といった三つの側面から、インフルエンサーの広告効果を集計しました。今回、我々は、この調査報告を参考に、台湾で最も効果があるインフルエンサーの特徴を取り上げたいと思います。

 

堂々の第一位に輝いたのは、「コンビニの女神」だと称されたコンビニ食品の試食レポートを中心に動画を製作する女性Youtuber「Wawaku」さんです(近々本コラムでも紹介する予定です!お楽しみください)!

Wawakuさんは、コンビニやスーパー食品を満遍なく試食し、自分のフォロワーと同じ目線で商品の優劣を正直に評価しようとする姿勢に、フォロワーからの信頼が寄せられていると言えるでしょう。「試食」という決まったテーマに絞っているからこそ、彼女が持っている30万人のフォロワーの中、元々コンビニ食品に対して高度な趣味を示している人が多いと見られます。そのため、彼女が参加しているPR施策のコンバージョン率も実は高いと言われています。

 

そして、二位に輝いたのが、本コラムでも取り上げたことがある台湾のネタ系インフルエンサー「HowHow」さんです。

我々は以前でも彼の魅力を以下のように紹介しました。

「元々ネット民であるHowHowさんの動画制作テクニックと言えば、彼が常にネット上の「おふざけ具合」を確実に把握し、流行りのネット用語や小ネタを使用できることでしょう。その「日常性」や「流行性」満載の動画には、常に100万回以上の視聴回数を獲得したとみられるでしょう。」

彼の強みは、やはりネット用語を最大限に活用し台湾の若いネットユーザーの心をワシ掴みするところでしょう。さらに、彼が参加しているPR動画の斬新さと言えば、やはり「これはPRです!」「私は広告費をもらってこの動画を作っているんだよ!」といった「誠実」すぎるところでしょう。「自分がやっていることは全てPRの一環だと明言する」という一歩間違えると嫌味になりそうなPR内容も、そう感じさせないのが彼の最大魅力ではないでしょうか。、

 

また、本コラムでも紹介したことがある「TGOP」さんは4位、「Anjou」さんは5位、「Ga」さんは12位、「danny」さんは17位にもランクインしました。彼らの魅力を是非コラム文章を参照してくださいね。これらのインフルエンサーを起用し、PR施策を一緒に組みましょう。お問い合わせをおまちしております。

 

 

 

 

 

情報引用元:『誰才是最強的業配王?網紅商品合作好感排行榜登場

お問い合わせはこちら