インフルエンサーマーケティング in 台湾:共同購入

2017.08.28

今回は、「共同購入」という台湾特有のインフルエンサーマーケティングについて紹介いたします。

以前、本サイトで台湾の人気ママブロガーYifenさんを取り上げた際に、Yifenさんは、よく共同購入の主催者を務め、自身のブログでお手頃値段で子ども用品をフォロワーさんに販売していると、一度紹介させていただきました。

実は、このような「ブロガーが主催者として共同購入を開催し、通常よりお手頃の値段で商品をフォロワーさんに販売する」というF1〜F2層女性や主婦をターゲットとした台湾特有のインフルエンサーマーケティング手法は、有効なプロモーション手段の一つとして市場規模が拡大し続けているとみられます。(※2014年のマーケティング調査によれば、台湾の「共同購入」市場規模は年間4兆円以上だと言われていますが、現在はさらなる成長が見込まれています)

なぜ台湾のネットユーザー、中でもとりわけOLや主婦の間で「共同購入」という消費行動が活発に行われているでしょうか。

台湾では、「団購」と呼ばれる「共同購入」文化が元々根強く、ネット上だけではなく幅広い世代の日常生活に浸透しているものだと見られます。

元々近所、職場コミュニティなどの人間関係が非常に重視されている台湾社会では、「共同購入」という消費行為は、「使ってみて良いと思うものを誰かと共有する」や、「周りと同じものを入手する」など集団への帰属意識を高めるある種のコミュニケーション手段だと言えるでしょう。

また、「団購」は、職場や近所での人間関係を円滑化させるコミュニケーションツールとして活用される一方、その商品のまとめ購入による送料の節約、商品値段の割引などのメリットが多い点も、台湾消費者を魅了する理由だと言えるでしょう。

 

このような台湾社会に根付いている「団購」文化に着目し、多くの台湾のブロガーさんも商品PRのため紹介文だけを書くことにとどまらず、自分自身が持っているメディア性や信頼性を使って共同購入を主催するようになりました。中でも年間売り上げ1億円という驚異的な数字を達成しているブロガーもいたと言われています。

 

ブロガーによる「共同購入」は一体何か?

実はその仕組みは至って簡単です。

ブロガーさんは、いつも通りに商品紹介文を書いた後に、フォロワーさんにすんなり商品を購入してもらえるように、紹介文の中にワンクリックで商品を特別価格で購入できるリンク先を貼っておけばOKです。

(写真引用元: QQmei Facebook

 

「ブログ共同購入」というブロガーとフォロワーとの信頼関係から生じた台湾特有のインフルエンサーマーケティング戦略を活用し、御社の商品をPR・販売してみませんか。

お問い合わせをお待ちしております。